« 学生が講義内容に興味を抱いて研究的アクションを起こしてくれた | Main | 学生の勉学意欲の高さに感心させられる(就実大学の集中講義「教育方法論」) »

2008.07.31

「学校リスクマネージメント」に関する教員研修プログラムの実施

P1030688 本日午後,摂津市市役所講堂で,本学が教員養成GPプログラムとして推進している,「学校リスクマネージメント」に関する研究プロジェクトの一環として,教員研修プログラムを実施した。参加者は,第二中学校区の小中学校の教員90名ほどである。私の講義,演習,事例分析等で構成した。
 事例分析の題材は,1)子ども同士のトラブルに関する保護者からの苦情への対応,2)チャイムが鳴っても教室に子どもが戻っていない場合であり,それらに対するマネージメントを考察してもらった。
 演習や事例分析では,いくつかの種類のグループワークを臨機応変に導入してみた。工夫の甲斐があって,参加者の多くから,学校リスクマネージメントに関する理解が深まり,関心が高まったと評価してもらった。摂津市教育委員会の方々のこれまでの,そして本日のご協力に感謝申し上げたい。

|

« 学生が講義内容に興味を抱いて研究的アクションを起こしてくれた | Main | 学生の勉学意欲の高さに感心させられる(就実大学の集中講義「教育方法論」) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学生が講義内容に興味を抱いて研究的アクションを起こしてくれた | Main | 学生の勉学意欲の高さに感心させられる(就実大学の集中講義「教育方法論」) »