« 大阪教育大学大学院・実践学校教育専攻へ | Main | 習得・活用・探究に資する学校放送番組 »

2008.08.19

現職教員の修士論文作成

 大阪教育大学大学院の実践学校教育専攻の院生は,その大半が現職教員であり,昼間は学校等で勤務し,夜間に講義や演習に参加する。だから,終了要件に位置づけられている,修士論文の作成も計画的におこなわないといけない。月末に中間報告会が催されるが,私が指導を担当している学生2人には,昨年4月の入学直後から,その計画を策定してもらい,文献の読破,データの収集に努めてもらってきた。だから,中間報告会でレポートする内容には事欠かない。しかしそれだけに短い時間で何をどのように伝えるかという発表の構成が難しくなる。そのためにまず,先日,発表内容等を確認した。そして,来週は,実際に,発表練習をしてみる。
 いずれにしても,現職教員の修士論文作成は,この夏に山場を迎えることになろう。直接指導している2人にも,そして他の院生にも,それを乗り切ってもらいたいと思う。

|

« 大阪教育大学大学院・実践学校教育専攻へ | Main | 習得・活用・探究に資する学校放送番組 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大阪教育大学大学院・実践学校教育専攻へ | Main | 習得・活用・探究に資する学校放送番組 »