« 集中講義疲れ?(就実大学「教育方法論」) | Main | 中国地方放送教育夏期特別研究交流大会で「学力向上と放送番組の活用」について講演 »

2008.08.07

テストも工夫して(就実大学「教育方法論」)

P1030817 P1030819 6日,就実大学の「教育方法論」の集中講義も無事終了した。15コマ目にテストを実施したが,例によって,「思考力」を確かめる問いを立てた。ある実践記録を視聴させて,それについて,例えばペスタロッチやNHKの番組制作者ならばどのように評するかを考察しなさい,この実践記録と講義で紹介した○○の実践との異同を指摘しなさいといった問いである。我ながら,よく練られた問題であると思っている。ちなみに,解答に際しては,講義で配布した資料等は自由に参照してよいことになっている。つまり,知識を記憶しておかなくてもよいということになる。
 4日間を通して,この大学の学生たちのまじめさ,勉学意欲の高さに支えられ,充実した講義を実施することができた。食堂でお昼ご飯を食べていたら,受講生たちのグループが「先生,一緒に食べましょう」と自分たちのテーブルに誘ってくれた。これも,めったに体験できないことだ。職員の方々のサポートも手厚く,気持ちよく集中講義を終えることができた。
 ただ,次の集中講義が待っている--。今度は,奈良教育大学に10日に赴く(3日に続いて,日曜日なのだが--)。

|

« 集中講義疲れ?(就実大学「教育方法論」) | Main | 中国地方放送教育夏期特別研究交流大会で「学力向上と放送番組の活用」について講演 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 集中講義疲れ?(就実大学「教育方法論」) | Main | 中国地方放送教育夏期特別研究交流大会で「学力向上と放送番組の活用」について講演 »