« ゼミ生が「勉強になりますから--」と言ってくれて | Main | 英語番組の活用を考える(第67回なにわ放送教育研究会) »

2008.08.26

研究主任のチャレンジ精神

P1040050 守口市立橋波小学校の校内研修に参加した。同校は,思考力や表現力の育成を研究テーマにかかげ,各教師が対象教科等を定めてそれに迫るという,研究の枠組みを採用している。教師によって具体的な取り組みが異なるので,アイデアの交流が難しい。そこで,研究主任が模擬授業を実施して,それを題材とするワークショップを繰り広げた。教師たちは,模擬授業の中で子どもが取り組む活動を実際に体験し,そこで得られた印象をもとに,研究主任が実施した授業の手だて等を思考力と表現力の育成をクロスさせた座標の中に位置づけた。写真のような様子である。
 その後,教師たちは,自らが2学期以降に試みる,思考力や表現力を育成するための取り組みを交流していた。模擬授業,それを踏まえたワークショップがあったからであろう。教師たちのプラン作成は,スピーディで,しかもよく練られたものになった。やはり,研究主任のチャレンジ精神の有無によって,学校研究の盛り上がりは変わる。それを今日も感じた。

|

« ゼミ生が「勉強になりますから--」と言ってくれて | Main | 英語番組の活用を考える(第67回なにわ放送教育研究会) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ゼミ生が「勉強になりますから--」と言ってくれて | Main | 英語番組の活用を考える(第67回なにわ放送教育研究会) »