« モンゴルの教育学者が日本の教師たちにどのような印象を抱いているか | Main | 世界遺産のエルデニ・ゾー »

2008.09.25

スフバートル広場に立ち寄って

P1040865 24日,ウランバールを発ち,ハラホリンへと向かう。ホテルを出て,スフバートル広場に立ち寄る。モンゴル革命の父と呼ばれるスフバートル像が広場の中心に屹立している。しかし,それ以上に目を惹くのが国会議事堂である(通称ホワイトハウス)。その中心には,チンギス=ハーン像が鎮座している。

|

« モンゴルの教育学者が日本の教師たちにどのような印象を抱いているか | Main | 世界遺産のエルデニ・ゾー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« モンゴルの教育学者が日本の教師たちにどのような印象を抱いているか | Main | 世界遺産のエルデニ・ゾー »