« 松花江の美しい夕日 | Main | 明日からモンゴルへ »

2008.09.21

実践研究の形成的評価(広島県三次市立三和小学校のレポート)

 三次市立三和小学校は,松下教育研究財団の特別研究指定校である。平成20・21年度と,国語科と算数科を対象として,思考力・表現力の育成を試みる。それに,視聴覚メディアやICTの活用を位置づける。
 4~7月の実践研究に関する形成的評価のレポートが財団のホームページにアップされた。ぜひ,ご覧いただきたい。この学校が,11月28日の研究発表会に向けて,またそれ以降の取り組みを熟するために,どのように準備しているか,同時にいかなる課題に向き合っているかが分かろう。
 授業づくりと同じく,学校の実践研究も,いくら努力しても,完璧なものにはならない(学術研究,学術論文の執筆も同じ)。だからこそ,この形成的評価の活動が大切なのである。そして,それをていねいに実施している学校にこそ,学ぶもの,吸収すべきものがある。

|

« 松花江の美しい夕日 | Main | 明日からモンゴルへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 松花江の美しい夕日 | Main | 明日からモンゴルへ »