« 「学校における実践研究」の継続・発展を評価するための基準の作成 | Main | あなたの授業を大切に »

2008.09.09

日常的に,授業研究会に他校の教師の参加を得られていると

 兵庫県佐用町立三日月小学校で,社会科の授業を見学した。この学校は,本年11月11日に,社会科や生活科の授業づくりに関する研究発表会を催す。本日は,それに向けて,指導案検討をおこなうとともに,2つの研究授業を見学した。放課後,参加者が2グループに分かれ,気づいたことをグループ単位で分類・整理していく,参加型協議が進められた。この学校の教師は10名ほどしかいないのに,たくさんの教師が作業に従事している。実は,参加者の半分は,佐用町内の他の小学校の教師である。彼らも,授業を見学し,協議に参加して,素朴な感想,鋭い意見を述べてくれている。他校の教師の授業研究会への参加を企画・運営することは,面倒なことである。けれども,巧みに企画・運営すれば,授業を検討する視点がいっそう充実する。
 1年に1回の(大規模な)研究発表会だけでなく,こうした「プチ交流会」をそれに重ねていることは,その学校の実践研究の豊かさを物語るものである。読者の学校では,それに該当するものがあるだろうか。

|

« 「学校における実践研究」の継続・発展を評価するための基準の作成 | Main | あなたの授業を大切に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「学校における実践研究」の継続・発展を評価するための基準の作成 | Main | あなたの授業を大切に »