« 学校関係者評価委員会のロールプレイ(大阪市教育委員会の取り組み) | Main | 教育委員会の学力向上アプローチ »

2008.10.22

秋は,卒論指導担当を決める時期

 本学(の第二部)では,12月末までに,現4回生が卒論指導教員(二部は5年制)を決めることになっている。一般の大学よりもその時期がやや遅いのは,編入学生が多いからだ。彼らに,最初の年で卒論を指導してもらう教員を決めろというのは,無理であろう。だから,早いにこしたことはないが,どうしても,この時期になる。
 先週の記事でも紹介したが,そのためのガイダンスをおこなうとともに,現在,個別の相談も受けている。今日も2件。今年度の担当は5名であるが,それくらいの規模がいわゆるゼミにはちょうどよい。果たして,次年度はどうなることやら--。いずれにしても,この個別相談がしばらくは続こう。

|

« 学校関係者評価委員会のロールプレイ(大阪市教育委員会の取り組み) | Main | 教育委員会の学力向上アプローチ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学校関係者評価委員会のロールプレイ(大阪市教育委員会の取り組み) | Main | 教育委員会の学力向上アプローチ »