« 歴史番組活用に関するワークショップ(第15回日本教育メディア学会年次大会) | Main | 学校関係者評価委員会のロールプレイ(大阪市教育委員会の取り組み) »

2008.10.21

あなたが最後に指導案を作成したのはいつですか。

 昨日,ある中学校の校内研修に参加した。授業者は,教職10年目の若手教員であった。「指導案を作成したのは,教育実習以来」であるという。そして,それは,「めずらしいことではない」らしい。それでよいのであろうか。私は,そうは思わない。やはり,指導案を作成し,研究授業を実施し,それをもとに同僚と協議を繰り広げることに,教師の力量形成の可能性を感じるからである。
 読者が指導案を最後に作成したのは,いつだろうか。それが,この1,2年以内であってほしいと願う。我が国の教師たちの授業研究を大切にする文化を継承してもらうために。

|

« 歴史番組活用に関するワークショップ(第15回日本教育メディア学会年次大会) | Main | 学校関係者評価委員会のロールプレイ(大阪市教育委員会の取り組み) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 歴史番組活用に関するワークショップ(第15回日本教育メディア学会年次大会) | Main | 学校関係者評価委員会のロールプレイ(大阪市教育委員会の取り組み) »