« 若きリーダーが授業研究の企画・運営を工夫して | Main | 授業研究は終わらない »

2008.11.28

ICT活用の可能性を実践的に提案する,内容の濃い研究発表会

 28日,広島県三次市立三和小学校が研究発表会を催した。この学校は,「論理的に考え表現する力を育てる授業の創造-ICTを活用した算数科・国語科の授業改善を通して-」をいう主題で研究を推進している。
P1070033 本日は,全学年(クラス)において,ICT,学校放送番組等を用いて,子どもたちがしっかり考え,それを工夫して表現する授業が公開された。写真は,3年生の子どもが,自分たちが作成するビデオ作品のナレーションを吟味する際に,自分たちのナレーションの特徴と課題を把握するために,それを撮影した映像をICTを用いて分析・評価している様子だ。このようなICT活用の可能性がすべてのクラスの授業において実践的に提案された。また,同校におけるICT活用の進展,それを促す授業研究会の進行の工夫,実践研究のRPDCAサイクル等も紹介された。
 参加者が皆語っていたが,内容の濃い,研究発表会であった。

|

« 若きリーダーが授業研究の企画・運営を工夫して | Main | 授業研究は終わらない »

Comments

本日は大変お世話になりました。
またこれまでこのブログで再三本校研究を取り上げていただき
(本当はわたしたちがしなければならないのに・・・)
おかげさまでいろいろな方から本校研究についてご意見をいただけました。
私が今日のプログラムの中で一番印象に残っているのはパネルディスカッションです。
先生のコーディネートによって、みんなでICT活用の可能性をさぐり、課題や方向性を考えることができました。
いろいろな立場の方の意見を吸い上げながら、方向付けたり補足したりされていて、
パネラーとして前に座りながらも「やっぱりすごいなあ」とずっと感じていました。
取り組んでいる自分たちが気付いていないよさや課題を
いつもわかりやすく示してくださるので、わたしたちも授業改善に前向きに取り組めるのだと思っています。
これからもご指導どうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

Posted by: aiko | 2008.11.29 at 02:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 若きリーダーが授業研究の企画・運営を工夫して | Main | 授業研究は終わらない »