« 学ぶ子どもは学ぶ教師から生まれる | Main | 学力向上に向けた,それぞれの教師のちょっとした工夫 »

2008.11.11

そのフロンティア精神がある限り--

P1060508 兵庫県佐用町立三日月小学校が催した,社会科教育に関する研究発表会に参加し,授業を見学した。この学校は,社会科における読解力の育成に取り組んでいる。本日は,全クラスが,その授業を公開した。写真は,第6学年の児童が鉄道の乗客数の変化のグラフ,新聞記事等を比較検討しながら,戦後の復興について考察している様子である。
 授業後に,この学校の取り組みについて意見交換がなされた。完璧な実践なんてどこにもないから,認識論的な甘さ等が指摘されたが,この学校の教師たちは,2年間,読解力の育成という未知の世界にチャレンジし,例えば読解力のレベル設定やそれを育成するための体系的なカリキュラムの開発,資料活用能力育成のためのトレーニングプログラムの開発や学習環境の構築等を実現してきた。そのフロンティア精神がある限り,本日の指摘にも応えられる日が来るに違いない。実践的であれ,学術的であれ,研究とはそういうものであろう。

|

« 学ぶ子どもは学ぶ教師から生まれる | Main | 学力向上に向けた,それぞれの教師のちょっとした工夫 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学ぶ子どもは学ぶ教師から生まれる | Main | 学力向上に向けた,それぞれの教師のちょっとした工夫 »