« しっかり思考させ,豊かに表現させる授業 | Main | 学ぶ子どもは学ぶ教師から生まれる »

2008.11.10

教育センターが催す教員研修の実態

 今年度,国立教育政策研究所の研究プロジェクト,「教員の質の向上に関する調査研究」の「研修・指導力研究班」の所外研究員に加えていただいている。同研究所の千々布敏弥総括研究官が企画・運営している,このプロジェクトでは,全国各地の教育センターが催す教員研修の実態や課題を明らかにする。具体的には,全センターに対するアンケート調査等が計画されている。
 今回,10の教育センターの実態等が報告され,その視点について意見を交換した。私は,センターの研修企画力等を問う項目として,「センタースタッフ自身が実践研究を推進する機会,彼ら自身が学ぶ仕組みや道具(例えば,研究紀要の刊行,研究プロジェクトの企画・運営等)」の有無や内容について確認することが大切ではないかと発言した。これまでの経験から,センタースタッフの学びの程度や質と彼らが企画・運営する教員対象のそれとが共鳴していると思うからである。

|

« しっかり思考させ,豊かに表現させる授業 | Main | 学ぶ子どもは学ぶ教師から生まれる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« しっかり思考させ,豊かに表現させる授業 | Main | 学ぶ子どもは学ぶ教師から生まれる »