« 学校評価の取り組みを継続・発展させる | Main | 教育実習生も英語活動に取り組む »

2008.11.25

全放連・人間力向上プロジェクトの授業研究会に向けて

 12月5日に,目黒区立緑が丘小学校で,全国放送教育研究会連盟(全放連)の人間力育成プロジェクトの授業研究会が催される。このプロジェクトは,全放連がプロジェクトチームを組んで取り組む,研究活動だ。その一環として,年に数回,放送番組を活用して人間力の育成を図る授業をデザインし,実施し,そして評価する。つまり,授業研究会を企画・運営する。
 当該授業では,放送教育のベテラン教師たる,鈴木衆教諭が,4年生に,NHK学校放送『みんな生きている』の「いじめをなくすためには」の回を利用して,授業を展開する。番組が子どもたちの共感をどこまで引き出すか,それから人間力のいかなる部分を浮き彫りにしていくかが,授業研究会の協議における論点となろう。

|

« 学校評価の取り組みを継続・発展させる | Main | 教育実習生も英語活動に取り組む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学校評価の取り組みを継続・発展させる | Main | 教育実習生も英語活動に取り組む »