« 「学校リスクマネージメント」に関する教員研修プログラムの実施 | Main | 学校における実践研究の活性化を支援する教育センター等 »

2008.11.05

全国教育研究所連盟の研究集会

 仙台にやってきた。明日から,ここで,全国教育研究所連盟第19期共同研究第2回全国研究集会が催されるからだ。私は,明日の午前中,基調講演を仰せつかっている。そのタイトルは,「教師による実践研究の可能性と課題-校内研修を中心に-」である。
 連盟の共同研究のテーマは,「実践的な指導力の向上を図るこれからの教員研修のあり方」である。特に,「実践的な指導力の向上を図る校内研修の在り方」が研究の柱の1つになっているので,分科会では,全国各地の教育センター等の取り組みが交流されるようだ。事前に頂戴した資料を拝見したところ,例えば「校内研修ハンドブック」の開発と現場への提供等,私が取り組んでいることと似た課題に着手しているセンターがいくつかあるようだ。だから,明日は講演後も会場にとどまり,分科会に参加して,そこでいろいろと学ぶつもりである。

|

« 「学校リスクマネージメント」に関する教員研修プログラムの実施 | Main | 学校における実践研究の活性化を支援する教育センター等 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「学校リスクマネージメント」に関する教員研修プログラムの実施 | Main | 学校における実践研究の活性化を支援する教育センター等 »