« 授業研究は終わらない | Main | 中学校の教師たちの授業に関するコミュニケーション »

2008.11.30

教師たちのリフレクションが子どもの振り返りに再帰

P1070043 広島県三次市立三和小学校の研究発表会の授業を見学したエピソードをもう1つ提供したい。それは,3年生の国語の授業の終末の様子である。この授業,子どもたちが,自らが作成しているビデオのナレーションを撮影し,それをICTを用いて吟味し,改善するというものであった。授業開始から45分が過ぎ,チャイムが鳴った。彼らは,授業後に体育館で児童発表(群読)に取り組むことになっているから,何人かの子どもがその準備にかかろうとした。その時のことである。数名の子どもが口をそろえていった。「振り返りをせんと,いけんよ(振り返りをしないとダメじゃないの)」と。教師が指示したのではない。それでも,学びの省察を彼らは大切にしている。その姿は,リフレクティブに授業研究にたずさわる,同校の教師たちの姿とオーバーラップするものであった。

|

« 授業研究は終わらない | Main | 中学校の教師たちの授業に関するコミュニケーション »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 授業研究は終わらない | Main | 中学校の教師たちの授業に関するコミュニケーション »