« 学校の研究発表会を評価するためのツール | Main | 「学校リスクマネージメント」に関する教員研修プログラムの実施 »

2008.11.03

学生による「私のオススメ講義」

 本日は,平成21年度に,本学に編入学しようと考える人のための相談会であった。我々教員も説明,相談に従事するが,現役の学生もいろいろと希望者の相談に応じてくれていた。
 さらに,彼らは,自分たちでパンフレットも作成・配布してくれていたが,その中に,「私のオススメ講義」というページが設けられていた。そこには,8名くらいの学生の一押しの講義が紹介されていた。意外なことに,私の「教育総論」を2名の学生が選んでくれていた。この科目は,教職科目(必修)で,その内容は,教育の思想や歴史に関するものである。欧米の教育思想家,我が国の戦後教育の変遷など,理論を講ずる時間が少なくない。だから,相対的には,学生には人気がないだろうと思っていた(他の講義の方が,実践事例をたくさん紹介しているので,また比較的少ない人数できめ細かく指導できるので,むしろ肯定的に評価されていると思っていた)。けれども,今日の実践との連続線をグループで検討するといった活動を肯定的にとらえてくれていた。講義スタイルを自分なりに工夫しているだけに,この「オススメ」はうれしかった。

|

« 学校の研究発表会を評価するためのツール | Main | 「学校リスクマネージメント」に関する教員研修プログラムの実施 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学校の研究発表会を評価するためのツール | Main | 「学校リスクマネージメント」に関する教員研修プログラムの実施 »