« 授業研究の潮流 | Main | カリキュラム・リーダーは専門的自叙伝から学ぶ »

2008.11.15

放送教育に関する実践研究のツボをおさえた発表

 14日,相模原で催された,平成20年度神奈川県視聴覚・放送教育研究合同大会(相模原大会)に参加した。午前中,「人間力の育成に資する教育メディアの活用」について講演をおおせつかった。人間力の定義やそれが重視されるに至った経緯,その構造,それを育成するための放送番組やICTの活用について話題や事例を提供した。
 午後,小学校分科会2にも参加し,そこで実践提案を拝聴した。川崎市立久本小学校の佐藤拓教諭がNHK学校放送番組『伝える極意』を活用した実践を報告してくれた。子どもの実態の診断,番組の特徴の把握,学習モデルの提供としての番組活用,その成果の評価(事前-事後)など,現在の放送教育に関する実践研究のツボをおさえた発表であった。

|

« 授業研究の潮流 | Main | カリキュラム・リーダーは専門的自叙伝から学ぶ »

Comments

14日は午前の講演に引き続き、分科会に参加していただきありがとうございました。いろいろな意味で久しぶりの緊張感を味わいつつも、放送教育のよさを感じることができました。実践にはまだまだ甘い部分がたくさんありましたので、今後ともご指導をよろしくお願いします。

Posted by: 佐藤 拓 | 2008.11.18 at 09:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 授業研究の潮流 | Main | カリキュラム・リーダーは専門的自叙伝から学ぶ »