« それぞれの教師が授業づくりを工夫して(尼崎市立七松小学校) | Main | 教育センターが催す教員研修の実態 »

2008.11.09

しっかり思考させ,豊かに表現させる授業

 11月8日(土)に,大阪教育大学附属平野学校園が合同研究発表会を催した。私も,一参加者として,たくさんの授業を見学した。その中で,「しっかり思考させ,豊かに表現させる授業」を目にした。中学校の社会科,井寄教諭が実施した授業である。
P1060316 この授業は,「一遍聖絵」を教材として,それから,中世社会の特色を考える,考えたことを1000字のレポートに表現し,またそれを友人のものと比較して,その妥当性や信頼性を高めるものである。教材のユニークさ,それを際だたせる手法(ICT活用で絵の細部に迫る等),思考をガイドするワークシートやモデルの提供等,今日の確かな学力,とりわけ高次な学力の育成を目指す授業の模範とも言える構成であった。
 しかも,井寄先生の得意な分野は,地理である。歴史分野の研究授業は,初めてのことであった。そういうチャレンジ精神もまた,すばらしい。

|

« それぞれの教師が授業づくりを工夫して(尼崎市立七松小学校) | Main | 教育センターが催す教員研修の実態 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« それぞれの教師が授業づくりを工夫して(尼崎市立七松小学校) | Main | 教育センターが催す教員研修の実態 »