« 学力向上に向けた,それぞれの教師のちょっとした工夫 | Main | 放送教育に関する実践研究のツボをおさえた発表 »

2008.11.14

授業研究の潮流

 13日,大学院の講義「教職ファシリィテーター論」で,校内研修の企画・運営の工夫について講じた。この日は,学校研究のテーマ設定の工夫であった。その要件の1つは,「時代性」である。学校における実践研究のテーマは,時代や社会が求める教育課題に,ある程度応えるものでなければならないからだ。
 それは,当然,変化する。例えば,私の手元にある資料では,80年代半ばの授業研究のテーマが総括されているが,それらの見出しは,「指導案研究」,「教材精選・分析研究」,「発問・説明・助言・指示研究」,「合科・
総合学習研究」,「一斉授業の改善研究」,「学習の個別化・個性化研究」,「自己学習力研究」,「学習集団研究」,「学習意欲・態度研究」,「メディア教育・コンピュータ理解教育」,「学習評価研究」,そして「同和教育研究」であった。
 もし,同じ営みを進めるとしたら,どのような内容がリストアップされるであろうか。つまり,今日の授業研究のテーマは,どのようなものが重要視されるであろうか。院生は,この問いに対して,言語力の育成,習熟度別指導,ICT活用,特別支援教育,情報モラル教育等が呈してくれた。
 読者は,授業研究の潮流をどのようにお考えだろうか。

|

« 学力向上に向けた,それぞれの教師のちょっとした工夫 | Main | 放送教育に関する実践研究のツボをおさえた発表 »

Comments

あけましておめでとうございます。
いつも拝見させていただいております。

自分のブログに,授業研究の視点として,この記事から引用させていただきました。

これからも,よろしくお願いします。

Posted by: ガク爺 | 2009.01.04 at 08:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学力向上に向けた,それぞれの教師のちょっとした工夫 | Main | 放送教育に関する実践研究のツボをおさえた発表 »