« 教師の力量形成に行政研修等はどう役立っているか | Main | ICT活用の実践プランの作成(奈良教育大学大学院の「情報教育特論」にて) »

2008.12.20

またまた集中講義(奈良教育大学大学院の情報教育特論)

 またまた集中講義を担当した(本年度3つ目)。奈良教育大学大学院の「情報教育特論」である。本日は,教育の情報化について,その全体像を示した。ICT環境の整備,情報活用能力の育成,校務の情報化,そしてICT活用について,その基本的な考え方を示し,実践事例を提示した。明日は,ICT活用の事例分析と実践プランの作成である。そして,最終日(28日)は,そのプランの実施(模擬授業と相互評価),21年度のICT活用計画の策定を予定している。
 履修者は,たったの4名。だから,とても密なコミュニケーションが実現する。そもそも,土日の開講は,受講生の希望である。それゆえに,とても熱心である。だから,講義を実施していても,疲れない。ただし,なぜか,講義室が寒い--。エアコンが集中管理のため,温度設定もできない(冷風が出てくる)。私も受講生も,コートを着用しての授業である。

|

« 教師の力量形成に行政研修等はどう役立っているか | Main | ICT活用の実践プランの作成(奈良教育大学大学院の「情報教育特論」にて) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教師の力量形成に行政研修等はどう役立っているか | Main | ICT活用の実践プランの作成(奈良教育大学大学院の「情報教育特論」にて) »