« 「手づくりの研究会」に参加すれば(尼崎市立七松小学校) | Main | 放送教育実践をたくさん検討する(第71回なにわ放送教育研究会) »

2008.12.25

学校長のリーダーシップの主柱の1つは,計画性

 本日,学校評価に早くから取り組んだ,元小学校長にインタビューを実施した。これは,大阪市立学校に学校評価に関する実践事例を集めたDVDを配付するという研究プロジェクトの一環としておこなうものである。
 いろいろ貴重なアイデアを提供してもらったが,その中でも,学校評価の取り組み(そして学校経営や学校改革
)では,学校長のリーダーシップ,とりわけ,その計画性が大切であることを痛感させられた。インタビューに応じてくれた方は,学校評価結果の公開を目指して,学校評価の意義をいつどのようにしてスタッフや関係者に了解してもらうか,各種アンケートをいつ実施しするかという点について,緻密な計画を策定していらっしゃった。
 私は,文部科学省の「義務教育の質の保証に資する学校評価システム構築事業」を大阪市教育委員会が推進していく際に,その協力校に学校評価の年間スケジュールを(仮のものでかまわないから)策定してもらうよう,主張してきた。本日のインタビューで,その妥当性が認められたように思った。

|

« 「手づくりの研究会」に参加すれば(尼崎市立七松小学校) | Main | 放送教育実践をたくさん検討する(第71回なにわ放送教育研究会) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「手づくりの研究会」に参加すれば(尼崎市立七松小学校) | Main | 放送教育実践をたくさん検討する(第71回なにわ放送教育研究会) »