« 日本教育新聞に三和小学校の様子が | Main | 習得・探究・活用の授業モデル »

2008.12.11

卒論指導の担当者を決めるにあたって

 大学の秋は,次年度の卒論指導の担当者を決める時期である。ここ2週間ほど,その相談をたくさん受けている。私を選ぶ理由も,多様だ。卒論のテーマが私の専門に近いことを強調する学生もいれば,講義で感銘を受けたことを一生懸命話す学生もいる。
 一人ひとりの理由や希望を聞いて,私が担当すべきかどうかを判断するのは,けっこう大変だ。しかし,このプロセスは,1年以上もコミュニケーションを続けるわけだから,不可避であろう。

|

« 日本教育新聞に三和小学校の様子が | Main | 習得・探究・活用の授業モデル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日本教育新聞に三和小学校の様子が | Main | 習得・探究・活用の授業モデル »