« 授業研究会で若い教師が活躍 | Main | 大学生も放送教育の授業プランを作成 »

2009.01.21

「小中連携に資する研究・研修活動」(『悠+』2009年2月号)

 先日,『悠+』(ぎょうせい)の2009年2月号に,拙稿「小中連携に資する研究・研修活動」が載った。ここ数年,いくつかの学校現場で吸収した,教師たちの知恵を私なりに整理したものである。紙幅の都合上,詳しく描けない部分もあったが,小中連携教育の「ツボ」については,それなりに示唆できたと思う。原稿を載せておくので,興味のある方は読んでいただきたい。「haruka_kihara.pdf」をダウンロード

|

« 授業研究会で若い教師が活躍 | Main | 大学生も放送教育の授業プランを作成 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 授業研究会で若い教師が活躍 | Main | 大学生も放送教育の授業プランを作成 »