« 経緯や枠組みを語れるということ | Main | NHKの学校放送番組とデジタルコンテンツのゆくえ »

2009.01.14

講義が順調だと気分も晴れる

 本日,学部3回生向けの講義「教育総論」の第13回を迎えた。この講義は,教育の思想や歴史について受講生に伝えたり考えたりしてもらうものだから,内容としては難しい。
 けれども,パワーポイントで要点を示したり,ワークシートを活用したり,実践記録を示したりして,自分なりに,そのデザインを工夫している。その気持ちが通じたのか,受講生は皆,真剣に私の話を聞いてくれるし,真摯な姿勢で課題に取り組んでくれる。
 テキストを持参するのを忘れる学生がいることが問題点であったが,今日は,全員が持ってきてくれていた。卒論・修論指導や原稿執筆で忙しく,なかなか元気が出ない日が続くが,講義が順調だと気分も晴れる--。

|

« 経緯や枠組みを語れるということ | Main | NHKの学校放送番組とデジタルコンテンツのゆくえ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 経緯や枠組みを語れるということ | Main | NHKの学校放送番組とデジタルコンテンツのゆくえ »