« 講義内容を見直したり,まとめ直したりして,テストに臨む | Main | ICT活用授業研究会に参加して(和歌山大学教育学部附属小学校) »

2009.01.30

「教職ファシリテーター論」のゴール

P1120380 本日,大学院・実践学校教育専攻で担当している科目「教職ファシリテーター論」がゴールを迎えた。これは,前期の「教師発達学」と同様,本専攻・教職ファシリテーターコースの必修科目となっている。この講義では,拙著『教師が磨き合う「学校研究」』(ぎょうせい,ISBN:978-4324078952)をテキストとして用いて,我が国の学校研究の歴史や他国の取り組みとの比較,そのモデルの検討,そして事例分析と進めてきた。そして,それらを踏まえて,受講生が,自校の実践研究の現状を分析し,その改善を図り,平成21年度の研究計画を策定し,報告し,互いに批評する。
 本日の報告や意見交換を聞いていると,受講生が,講義を通じて,学校研究の企画・運営に関する実践的知識を獲得したこと,それを所属校の実践研究の改善に活かそうとしていることが分かり,ほっとした。

|

« 講義内容を見直したり,まとめ直したりして,テストに臨む | Main | ICT活用授業研究会に参加して(和歌山大学教育学部附属小学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 講義内容を見直したり,まとめ直したりして,テストに臨む | Main | ICT活用授業研究会に参加して(和歌山大学教育学部附属小学校) »