« 長期的な影響力を持つ学びであるか | Main | 次年度の学校研究のプランを考える »

2009.01.05

松下教育研究財団の実践研究助成に応募しよう

 パナソニック教育財団(旧松下教育研究財団)の第35回(平成21年度)実践研究助成の応募受付が始まっている。応募締切は,今月末だ。これは,財団が,「視聴覚・情報通信メディアを効果的に活用し、教育課題の改善に取組む実践的な研究計画を助成」するものである。
 20度から,「特別研究指定校」制度も発足している。この指定校は,2年間で150万円の助成を受けられるし,講師も派遣してもらえる。それだけに成果公開などが義務も一般よりも厳しいが,実践研究にそれなりに取り組んでいる学校であれば,それを果たすことは難しくない。20年度には,広島県三次市立三和小学校がこの助成を受けて,実践をグレードアップさせた。ぜひ,応募してもらいたい。なお,申請書の書き方については,私のコメントを参考にしてもらいたい。

|

« 長期的な影響力を持つ学びであるか | Main | 次年度の学校研究のプランを考える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 長期的な影響力を持つ学びであるか | Main | 次年度の学校研究のプランを考える »