« やっぱりSmall is beautiful. | Main | 「学校リスクマネージメント」に関するフォーラム »

2009.01.09

最後の最後まで文章を練って論文を仕上げてもらいたい

 本日も,(自分の報告書原稿を執筆しながら)卒論・修論の草稿を読み,その内容・表現等を点検している。既に,どの論文も,パーツはそろい,提出できる状態にはなってきた。しかし,ここから,どれくらい推敲するかによって,論文のできあがりは違ってくる。長い文章を綴っていると,どうしても独りよがりな内容・言い回しが出てくる。読み直してそれをどこまで克服できるか--自分との闘いである。自らの文章のつたなさを受け入れ,それを改善する作業は辛い。しかし,それを,何度重ねられるか--。そこに,論文作成の厳しさと,ある種の楽しさがある。私が指導する学生には,私の点検に基づく修正とともに,自己点検,あるいは友人同士の相互点検による修正も進めてもらいたい。最後の最後まで文章を練って論文を仕上げてもらいたい(それでも,完璧にはならないのであるが)。

|

« やっぱりSmall is beautiful. | Main | 「学校リスクマネージメント」に関するフォーラム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« やっぱりSmall is beautiful. | Main | 「学校リスクマネージメント」に関するフォーラム »