« またまたまたまた集中講義(大阪府立大学の教育方法学) | Main | 「教職ファシリテーター論」のゴール »

2009.01.28

講義内容を見直したり,まとめ直したりして,テストに臨む

P1120365 本日,大阪府立大学での4コマの講義を終えて,天王寺キャンパスに戻って,担当している講義「教育総論」のテストを実施した。この講義は,教育の思想や歴史に関するものである。欧米の教育思想家,我が国の戦後教育の変遷などを講ずる。テストは,今日の教育実践の映像記録(今回は,小学校の総合的な学習の授業づくり)を視聴させ,それと講義内容を絡ませた問題を大問で3つ用意している。例えば,「視聴した実践と『教育技術の法則化運動』における,教師の力量形成の違いを,2点指摘しなさい。」といった具合である。講義内容を覚えているだけでは解答できない。それを活用しないとダメだ(そもそも,覚えなくてもよい--テキストや資料の持ち込みは自由なので)。
 それにしても,我が学生の勉強熱心なこと。写真のように,ちゃんと,講義内容を見直したり,まとめ直したりして,このテストに臨んでいる。その姿勢が,なんとも言えず,かわいい。

|

« またまたまたまた集中講義(大阪府立大学の教育方法学) | Main | 「教職ファシリテーター論」のゴール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« またまたまたまた集中講義(大阪府立大学の教育方法学) | Main | 「教職ファシリテーター論」のゴール »