« 没個性化に従うのは-- | Main | 授業研究会で若い教師が活躍 »

2009.01.19

帰属意識や仲間意識が高まる

 ここ2日間コメントしてきたように,大学入試センター試験は,なかなか大変な営みである。けれども,我々大学人にとって,プラスに作用する面もある。それは,帰属意識や仲間意識の醸成である。学校行事が学級集団の凝集性を高めるように,研究発表会が教員の同僚性を豊かにするように,苦労が多いセンター試験を乗り切ることを通じて,所属大学への帰属意識が強められる。また,同僚に対する仲間意識も高められる。
 特に,私のように,所属大学で新参者だと,それが特にあてはまる。そうだとすれば,くたくたになるのであるが,その副次効果も見逃せまい。

|

« 没個性化に従うのは-- | Main | 授業研究会で若い教師が活躍 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 没個性化に従うのは-- | Main | 授業研究会で若い教師が活躍 »