« 大学人の冬は,入試漬けである | Main | 活用型学力を育む »

2009.02.26

学校評議員OB会を開催?

 本日,大阪市立昭和中学校に出かけ,同校の平成20年度第3回学校評議員会に出席した。
 本日は,学校評価の一環として,私を含む7名が,学校の自己評価結果を聞かせてもらい,学校評議員の立場から,それに対してコメントを呈した。いわゆる,学校関係者評価にあたる。
 学校評議員は,現在及び過去のPTA役員,学区の小学校長,近隣の高等学校長等であるが,学校評議員会終了後,懇親会を催すほどの関係が成立している。学校評議員の任期は2年なのであるが,任期が終わっても,OB会を開こうかという話が出るほどの仲の良さである。だからこそ,学校評価についても,遠慮せずに本音で語り合えている。また,学校を応援しよう,教師たちのがんばりを認めようという,共通の精神で結ばれている。やはり,学校評価や学校評議員会の充実は,そのメンバーの選択によるところが小さくない。

|

« 大学人の冬は,入試漬けである | Main | 活用型学力を育む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大学人の冬は,入試漬けである | Main | 活用型学力を育む »