« たとえ専門分野が異なっていても | Main | 教員になるための資質を磨いてほしい »

2009.02.14

また異動の季節がやってくる

 今日は,2月14日。あと1月半で,今年度も終わる。最近,知人・友人の数名が4月から別の大学にお務めになると聞いた。また,異動の季節がやってくる。私自身,勤めた大学は4つになり,異動を3回経験している。
 大学を異動することには,メリットもあれば,デメリットもある。同じ大学に籍を長く置くからできることもあれば,それゆえにしばられることもある。要するに,大学を変わろうが変わるまいが,その条件の下でできることに精一杯取り組んでいること,特に我々研究者の場合には主体的に学術研究を推進していることが大切なのである。
 異動なさる方には,新しい所属でがんばっていただきたいし,異動がない(たぶん)私は,次年度も,大阪教育大学で教育・研究に励みたいと思う。

|

« たとえ専門分野が異なっていても | Main | 教員になるための資質を磨いてほしい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« たとえ専門分野が異なっていても | Main | 教員になるための資質を磨いてほしい »