« 放送教育実践の合同成果報告会 | Main | たとえ専門分野が異なっていても »

2009.02.12

研修会では精一杯のリアクションを

 先日,ある研修会で,ワークショップのコーディネータを任された。実践発表について議論する場面で,ある教師に,実践事例についてのコメントを求めた。「いろいろ知って,ためになりました。」といった,通り一辺倒の解答だったので,すかさず「特に,どれがためになりましたか?」と切り返した。残念なことに,その教師は,「いや,初任者なので,よく分かりません--。」といった反応しか,示さなかった。
 そんなに難しいことをたずねているわけではあるまい。感想を少し具体化してほしかっただけであった。そもそも,コメントした内容を具体化できないことと当人が初任者であることには,つながりはあるまい。そういえば,この手の逃げ口上を他の研修会でも時々聞くが,私は,それに納得できない。たとえ初任者であっても,いや大学生であっても,その場に身を投じているならば,精一杯のリアクションを示してもらいたい。しどろもどろになってでも。そうでなければ,研修会が当該教師にとっての力量形成の場には位置づくまい。

|

« 放送教育実践の合同成果報告会 | Main | たとえ専門分野が異なっていても »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 放送教育実践の合同成果報告会 | Main | たとえ専門分野が異なっていても »