« 研修会では精一杯のリアクションを | Main | また異動の季節がやってくる »

2009.02.13

たとえ専門分野が異なっていても

 昨日の記事の内容であるが,「たとえ○○であっても--」という基本的な考え方を遵守できていないのは,私も同じであり,あの記事を書きながら,反省した。「たとえ専門分野が異なっていても」仕事を引き受けたのであれば,自分にできるベストを尽くさないといけないというルールを守れていないからである。
 私の専門は,ブログのタイトルどおり,「授業研究と教師の成長」である。けれども,諸事情から,情報教育だとか,小中連携教育だとか,時には人権教育などのプロジェクトや活動に,身を投じることがある。その際に,「いやあ,私の専門は,○○ではないですから」と,仕事の遅さ,まずさを言い訳することがある。これを戒めないといけない。
 そう思って,昨夜から本日にかけて,「教育の情報化」に関するプロジェクトの分担を(半分泣きながら)こなした。このようなポリシーを貫かないと。もっとも,できない仕事への参加は,照会があった時に断ればよいので
あるが。

|

« 研修会では精一杯のリアクションを | Main | また異動の季節がやってくる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研修会では精一杯のリアクションを | Main | また異動の季節がやってくる »