« 『未来の教室-テクノロジーを教室に-」 | Main | 2011年度以降の学校放送番組とデジタルコンテンツのあり方 »

2009.03.13

「子どもの学力の向上に資する指導と評価の工夫改善」(大阪市教育センターのフォーラム2009)

 3月20日(金曜日,祝日)に,大阪市教育センター主催のフォーラム2009が催される。私は,全体会「学力向上をめざす『授業評価』と『授業創造』」の基調講演を担当する。タイトルは,「子どもの学力の向上に資する指導と評価の工夫改善」である。全体会の後半では,私もアドバイス役を果たした,大阪市内の小中学校を舞台とする共同研究が報告される。タイトルは,「一人で悩まないで!いっしょに授業改善を!」である。複数の教員による,共同PDCAの可能性,それによる子どもの学力の向上は,とても興味深い。
 全体会に続いて,分科会1と分科会2が設定されている。これらにおいても,事例発表や模擬授業等,実践的な知見が得られる。読者にも,参加をご検討いただきたい。なお,参加費は無料である。

|

« 『未来の教室-テクノロジーを教室に-」 | Main | 2011年度以降の学校放送番組とデジタルコンテンツのあり方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『未来の教室-テクノロジーを教室に-」 | Main | 2011年度以降の学校放送番組とデジタルコンテンツのあり方 »