« 自慢のゼミ生 | Main | 権威的にならないことの大切さと難しさ »

2009.03.20

「仲間と創ったものは,私の宝物になりました--」(大阪市教育センターフォーラム2009にて)

 本日,祝日にも関わらず,大阪市教育センターで,フォーラム2009が催された。私は,「子どもの学力の向上に資する指導と評価の工夫改善」という基調講演を担当させていただいた。その後,センターのスタッフや市立学校の教員が繰り広げた共同研究の成果等が報告された。
 午後は,2ラウンドの分科会だった。まず,センターが企画・運営している「土曜自主研修」の参加者の取り組みが,小学校,中学校,そして特別支援教育等の3分科会で報告された。そして,もう1つは,センターが中心になって,また支援している実践研究が7分科会で報告された。
P1080421 ある分科会で,若手の教師が,土曜自主研修で,同じ若手の教師たちと国語や算数の授業づくりにたずさわって,そこで,貴重な経験を積んだことをレポートしていた。そして,それを「仲間と創ったものは,私の宝物になりました--」と回顧していた。含蓄のある言葉だ。学校研究の舞台を通じても,各教師が同じような思いに至ることが期待されよう。

|

« 自慢のゼミ生 | Main | 権威的にならないことの大切さと難しさ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 自慢のゼミ生 | Main | 権威的にならないことの大切さと難しさ »