« 先輩の旅立ちを見送る | Main | やっぱりナラティブ »

2009.03.27

異動があっても研究を継続・発展させる

 いくつかの地域や学校から,教員の異動に関する情報が届けられている。ある小学校では,学校長以下,教員の約半分が異動となった。それで,研究を継続・発展させることができるのか--研究主任は不安を抱いているようだ。
 それは,ある意味では,既に決着がついている。前年度に,次年度の異動の有無や程度を見通して,研究を継続・発展させられるように布石を置いたかどうかに,それは依存するからだ。あの学校だったら,異動は決して有利な条件ではないが,必ずやそれを乗り越えて,研究を発展させてくれよう。そのための準備を,平成21年度にやってきたから。
 読者の学校や組織では,どうだろうか。誰かがいなくなったから,研究が続かないという事態に遭遇していないだろうか。

|

« 先輩の旅立ちを見送る | Main | やっぱりナラティブ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 先輩の旅立ちを見送る | Main | やっぱりナラティブ »