« 子どもの学校における生活や学習のモデルを示す学校放送番組 | Main | ケープタウン(南アフリカ共和国)へ »

2009.04.27

「授業力アップサポート事業」校内研修サポートの第1回連絡会にて

 本日,大阪市教育センターで,「授業力アップサポート事業」校内研修サポートの第1回連絡会が催され,私も,講師として参加した。この事業は,学校における授業研究の企画・運営に,大阪市教育センターのスタッフ,とりわけ,大阪市立小中学校にかつて学校長として勤務なさった先生方が,アドバイスを送るものだ(事業の柱には,この他にも,モデル校の設定や学習教材の提供などがある)。スタッフは,同じ学校に年間4回,サポートに赴き,当該学校の管理職や研究推進リーダーの相談にのったり,実際の授業研究会に参加することになっている。
 彼らに対して,私は,「学力向上に向けて,今,どのような授業が求められているのか」「校内研修企画・運営のポイント」「研究推進リーダーが採るべきアクション」等について,解説した。特に,授業研究では,「模範的な授業」ではなく,「チャレンジングな授業」が期待されるべきであること,最後には,各教員の「振り返り」や「明日からのアクションの構想」が大切であることを説いた。
 ベテランの先生方が,若輩者の私の話に熱心に耳を傾けてくださった。その熱意は,必ずや,各学校における彼らのサポート,その充実に反映されよう。

|

« 子どもの学校における生活や学習のモデルを示す学校放送番組 | Main | ケープタウン(南アフリカ共和国)へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 子どもの学校における生活や学習のモデルを示す学校放送番組 | Main | ケープタウン(南アフリカ共和国)へ »