« 教育者としての資質が開花したか-- | Main | 「授業の構築」(小学館『最新教育基本用語2009~2010』) »

2009.04.24

研修部のメンバーががんばって--

 本日,広島市立白島小学校を訪問し,同校の校内研修会に協力した。同校は,「共に学び合子どもを育てる-放送・機器の活用を通して-」という研修主題の下,授業研究を重ね,その成果を,研究発表会を開催してオープンにしている学校である。11月13日(金)には,中国地方放送教育研究大会(広島大会)の会場校として,6つの授業を公開する予定であるし,その他にも,英語活動やICT活用等の研究課題にも取り組んでいる。
P1080735 研修会では,2月にある教師が実施した授業を題材にして,本年度の授業づくりや授業分析の視点を共通理解することが試みられた。授業の記録映像を下に,研究主題に即した子どもの姿,それを促し,支えている教師のアクションを抽出・整理するためのワークショップが展開された。
 1年間の研究計画の策定(そのためのヒアリング等も含めて),その一環たる本日のワークショップの準備,本日の協議内容の記録や整理等々,同校の研修部のメンバーは,研究の充実を願って,細かな点まで配慮して,研修の企画・運営にあたっている。研究主任が,ワークショップに用いる付箋紙や模造を走って運んでいた。予定していた時間を超えても,同僚の意見を拾い上げようと協議で苦闘していた。そうした姿に,学校研究の推進を支えるリーダーの存在,その重要性を再確認した。

|

« 教育者としての資質が開花したか-- | Main | 「授業の構築」(小学館『最新教育基本用語2009~2010』) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教育者としての資質が開花したか-- | Main | 「授業の構築」(小学館『最新教育基本用語2009~2010』) »