« 卒論・修論のゴールイメージを持ってもらうために | Main | 教育者としての資質が開花したか-- »

2009.04.22

子どもをしかって落ち込む教師の気持ち

 先日,卒論ゼミ生を説教した。彼らのうち,複数のものが,貸した文献を傷つけたり,汚したりしていたからだ。教員になって,やがて子どもたちに「学級文庫の本はみんなのものです。大切に扱いましょう。」と言うはずの彼らである。だから,説教めいたことを言うのは嫌だな,大人げないなと思いながら,反省を促した。卒論作成中には,私以外の方(例えば学校現場の先生方)に資料をお借りすることもあるだろう。そんな時にこんなことがあってはと思い,あえて苦言を呈したのである。
 しかし,当然ながら,あまり,よい気持ちはなれない。子どもをしかって落ち込む,小学校の先生と似たようなものであろう。もちろん,全員が真摯な姿勢で謝罪してくれ,また態度をあらためることを誓ってくれたから,それで救われたのであるが(その素直さが,本学の学生,私のゼミ生の特長である)。

|

« 卒論・修論のゴールイメージを持ってもらうために | Main | 教育者としての資質が開花したか-- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 卒論・修論のゴールイメージを持ってもらうために | Main | 教育者としての資質が開花したか-- »