« 田中博之著『子どもの総合学力を育てる-学力調査を活かした授業づくりと学校経営』(ミネルヴァ書房,2009年) | Main | 「『学ぶ教師』を育てる学校長のアクション」 »

2009.04.14

我が実践学校教育専攻における講義の特長

 本日は,大学院の講義「教師発達学」の今年度のスタートの日であった。教職ファシリィテーターコースのコース必修科目であるが,他のコース生も含めて,20名以上が受講することとなった。
 本日はオリエンテーションとして,講義の概要(目標,内容・活動,を説明しつつ,自らの授業力量形成史を受講者に振り返ってもらった。例年そうであるが,我が大学院で学ぶ教師たちの属性(校種,年齢,教職経験,地域等)は,多様性に富んでいる。だから,例えば,本日,「教師の授業力量の中で,特に重要なものは?」とたずねてみると,様々な考えが示される。受講者は,自分では当然視していたことがそうではないことを知って,驚いている。それが,授業づくりや授業力量の形成に関する新しいアイデアの源泉となる。こうした点も,我が実践学校教育専攻における講義の特長の1つである。

|

« 田中博之著『子どもの総合学力を育てる-学力調査を活かした授業づくりと学校経営』(ミネルヴァ書房,2009年) | Main | 「『学ぶ教師』を育てる学校長のアクション」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 田中博之著『子どもの総合学力を育てる-学力調査を活かした授業づくりと学校経営』(ミネルヴァ書房,2009年) | Main | 「『学ぶ教師』を育てる学校長のアクション」 »