« 故郷で教師になる-過去の自分との対話- | Main | カリキュラム・リーダーの「説得力」 »

2009.05.07

期待される10の学習成果

 本日,10日に開催される,カリキュラム研究会での発表に備えて,Wiles J.(2009)Leading Curriculum Development. Corwin Press.CA.の第2章「カリキュラム・リーダシップの基本課題」を読み,レジュメを作成した。
 そこに,カリキュラムの遂行によって会得が期待される,10の学習成果が記されていた。要するに,学校で学ぶことによって子どもたちが身につけることが期待される能力・資質だ。次のようなものであった。
1.自尊感情
2.他者理解
3.基本的なスキル
4.持続的な学習能力
5.社会的責任
6.精神的肉体的健康
7.創造性
8.経済的な営みへの参画
9.世界を理解するために蓄積した知識を活用する
10.変化への対応
 読者は,このリストに賛同するであろうか。賛同するとして,もし順位を付けるとしたら,何を上位に据えるだろうか。あるいは,足らないとしたら,それは何であろうか。

|

« 故郷で教師になる-過去の自分との対話- | Main | カリキュラム・リーダーの「説得力」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 故郷で教師になる-過去の自分との対話- | Main | カリキュラム・リーダーの「説得力」 »