« 活用型学習を支える学校放送番組 | Main | 『校内研修の進め方-算数科の授業力向上を目指して-』(赤井利行・荒田優子著,東洋館出版社) »

2009.05.10

我が国の教師たちにとって「語りと探究」はどのような営みとして位置づいているか

 日曜日だけれども,我が研究室で,2月に1回開催している,カリキュラム研究会を開催した。先日も別の記事で紹介した著書,Wiles J.(2009)Leading Curriculum Development. Corwin Press.CA.の第2~4章の輪読だ。その内容を確認しながら,カリキュラム・リーダシップの本質である「語りと探究」が,我が国の今日の教師たちにとって,どのような営みとして位置づくかについて,議論を繰り広げた。それは授業研究の基本精神とも言えるので,教師が手慣れたものであると考えうるか,それとも,語りや探究のパートナーが地域住民や保護者に広がっているので,彼らは,それをむしろ不慣れな,それゆえ背を向けたくなるものと考えるのか--。経験的には,学校や地域によって,この概念のとらえ方に違いがあり,その格差が大きくなっているという状況にあるように思えるが--。

|

« 活用型学習を支える学校放送番組 | Main | 『校内研修の進め方-算数科の授業力向上を目指して-』(赤井利行・荒田優子著,東洋館出版社) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 活用型学習を支える学校放送番組 | Main | 『校内研修の進め方-算数科の授業力向上を目指して-』(赤井利行・荒田優子著,東洋館出版社) »