« 大阪市教育委員会とのパートナーシップ | Main | 異なる教科を担当する教師たちが授業づくりのアイデアを交流 »

2009.06.16

なぜ授業研究は必要なのか(『体育科教育』2009年7月号)

 先日,大修館書店より刊行されている月刊誌『体育科教育』の2009年7月号に,拙稿「なぜ授業研究は必要なのか」が載った。教科教育の雑誌,しかも体育のものに執筆するなんて考えたこともなかったが,今号の特集テーマは「教師がともに学び合う『授業研究』-若手が育つために」であるから,まあ,それほど,的外れな内容ではないと思う。興味のある方は,お読みいただきたい(ただし,校正前の原稿なので,掲載されたものとは若干の違いがある)。「classroom_research.pdf」をダウンロード

|

« 大阪市教育委員会とのパートナーシップ | Main | 異なる教科を担当する教師たちが授業づくりのアイデアを交流 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大阪市教育委員会とのパートナーシップ | Main | 異なる教科を担当する教師たちが授業づくりのアイデアを交流 »