« 授業研究に関する行政研修の工夫 | Main | 受講生の名前を呼び間違えて--反省 »

2009.06.09

『教師としていちばん大切なこと』(レイフ・エスキス著,PHP研究所,2009年)

 書名に惹かれて,購入して読んだ。著者は,移民の子どもの多い学校で「優秀で品位のある子どもたち」を育てていることで有名な教師であり,教師として初めて「アメリカ国民芸術勲章」を受賞したという(「著者略歴」より)。そうした教師のライフストーリーがあますところなく,記されている。
 授業実践を紡ぐ際に留意すべき点がたくさん載っている。例えば,「近道はない」や「『見捨てられない』ことを理解させる」という金言だ。ただ,彼の生きざまが,我が国の教師たちにとって,モデルになるのかと言えば,そうでない点も少なくあるまい。やはり,国や文化によって,教師モデルは異なる。

|

« 授業研究に関する行政研修の工夫 | Main | 受講生の名前を呼び間違えて--反省 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 授業研究に関する行政研修の工夫 | Main | 受講生の名前を呼び間違えて--反省 »