« なぜ授業研究は必要なのか(『体育科教育』2009年7月号) | Main | ゼミ生同士の助け合い »

2009.06.17

異なる教科を担当する教師たちが授業づくりのアイデアを交流

 尼崎市立園田中学校を訪問し,3つの研究授業,それをもとにした教科別協議会を見学した。この学校は,文部科学省の指定を受け,昨年度から3ヶ年,学力向上に向けた取り組みに関する研究を推進している。
P1090249 同校では,これまで,異なる教科を担当する教師たちが研究授業について意見を交換する場面を設定してこなかった。本日は,それを試み,異なる教科を担当する教師から授業づくりのアイデアを吸収できること,その意義を参加者が実感できた。こういう具合に実践研究が進展すれば,きっと,子どもたちの学びも協同的になり,その学力向上も実現するであろう。

|

« なぜ授業研究は必要なのか(『体育科教育』2009年7月号) | Main | ゼミ生同士の助け合い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« なぜ授業研究は必要なのか(『体育科教育』2009年7月号) | Main | ゼミ生同士の助け合い »