« 校内研修に関する調査(国立教育政策研究所の研究プロジェクト) | Main | 小学校の適正規模とは »

2009.06.01

行政研修もリニューアル

 本日,神戸市総合教育センターを訪れ,「学校力アップ講座」の研修に協力した。この研修は,いわゆるミドルリーダーたる研究主任等を対象として,学校における実践研究の企画・運営力を高めてもらうためのものだ。なんと5回シリーズで構成されている。本日は,その第1回目で,「効果的な校内研修の実際」と題して,校内研修企画・運営の重要ポイントやそれを満たすための研究推進リーダーのアクション等について,私が講じた(もちろん,交流タイムやプチ演習タイムを設けて,相互作用性のある講演のシナリオを組んだ)。
 この講座,本年度にスタートしたものである。昨年度まで実施されていた研修を統廃合して,この5回シリーズの研修枠を産み出したそうである。行政研修にもリニューアルが必要だし,それを,神戸市総合教育センターでは着々と進めていることがよく分かった。そして,そういう姿勢を抱いているセンターの研修にやって来る教師たちは,真摯に学んでいる。教育センターと教師たちの間にも,子どもと教師の関係もそうであるように,学びや創造の連鎖・共鳴を確認できる。

|

« 校内研修に関する調査(国立教育政策研究所の研究プロジェクト) | Main | 小学校の適正規模とは »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 校内研修に関する調査(国立教育政策研究所の研究プロジェクト) | Main | 小学校の適正規模とは »