« 2011年以降の学校放送番組利用の物語 | Main | 大学院のオープンキャパス »

2009.07.06

学力論・授業論・研修論を連結させて

 広島市教育センターが催した,「授業研究推進講座」で,「授業研究と授業力向上」というタイトルの講演を担当した。この講座には,市内のすべての幼稚園・小学校・中学校・高等学校の研究推進リーダーが参加する。講座名からすると,学校研究,その主柱たる授業研究の企画・運営が講演内容の中心となるが,私は,そこに迫る前に,授業研究の伝統的・今日的意義を確認し,また,今日の学力向上という社会的要請に応えるための授業改善の全体像を語った。それらにも1時間程度を費やした。授業研究推進上の工夫は,目指す授業像,授業によって育もうとする学力要素によって変わるからだ。つまり,学力論・授業論・研修論を連結させて,授業研究を論ずることが大切だからだ。

|

« 2011年以降の学校放送番組利用の物語 | Main | 大学院のオープンキャパス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2011年以降の学校放送番組利用の物語 | Main | 大学院のオープンキャパス »