« カリキュラムに関するリーダーシップとマネージメント | Main | 「未来の教室-テクノロジーを教室に-」(大阪教育大学開学60周年記念事業) »

2009.07.13

教育等について真摯に考える研究室文化を築く

 ある教師の実践史に関するインタビュー調査のために,富山に赴いた。富山大学・人間発達科学部の高橋先生の研究室も訪問し,学生さんたちと食事を共にした。例によって,食事会,そこでの会話等について,彼らは皆,長文のレポートを送ってくれる。しかも,その日の夜に。あらゆることを学びの場にする,彼らの姿勢にはいつも驚かされる。高橋先生のしつけに依るところが大きいのだろうが,大したものである。
 理科系色の濃い高橋研究室とは異なるスタイルになるであろうが,私も,ゼミ生と一緒に,教育,教職,そして授業について真摯に考える研究室文化を築きたいと思う。

|

« カリキュラムに関するリーダーシップとマネージメント | Main | 「未来の教室-テクノロジーを教室に-」(大阪教育大学開学60周年記念事業) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カリキュラムに関するリーダーシップとマネージメント | Main | 「未来の教室-テクノロジーを教室に-」(大阪教育大学開学60周年記念事業) »