« 実践リーダー自学自習用テキスト開発プロジェクト | Main | シンポジウム「未来の教室-テクノロジーを学校に-」の案内パンフレットできる! »

2009.07.27

やはり,「学びの基礎力」か,いや「指導の基礎力」も

 科研費による研究プロジェクトの活動の一環として,福井県教育研究所を訪れ,同県の子どもたちの学力の実態,学力向上に向けた各学校・地域の取り組み,教育委員会の支援等をヒアリングした。
 同県の学力向上推進委員会は,学力向上のための「3つの柱,9つの視点」を呈しているが,そのうち,生活・学習習慣や温かい学級づくり等を重視し,それを学校・家庭・地域が協力して推進していることが強調された。つなり,我々の研究グループが定義する「学びの基礎力」の重要性が同県の教師や教育行政の重要課題であることが再認識された。
 さらに,話を聞くにつけ,教師たちの「指導の基礎力」が充実していることが明らかになった。例えば,中学校の教師は皆,年間に少なくとも1回は指導案を作成し,授業を公開するという。中学校教育研究会が主催して,授業研究会が実施される。なんと昭和26年から研究所と教師たちが協力して学力調査を作成し,実施し,その結果を学校にフィードバックしている。彼らのいわば「指導の基礎力」はとても充実している。
 子どもたちのまじめさ,地道な努力,仲間との関わりと,教師たちのそれが共鳴しているのが,福井県の学校現場の特徴であろう。

|

« 実践リーダー自学自習用テキスト開発プロジェクト | Main | シンポジウム「未来の教室-テクノロジーを学校に-」の案内パンフレットできる! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 実践リーダー自学自習用テキスト開発プロジェクト | Main | シンポジウム「未来の教室-テクノロジーを学校に-」の案内パンフレットできる! »