« 実践報告会の司会・進行をおおせつかったら | Main | 教育工学会の夏の合宿研究会にて模擬授業等のワークショップを(8月22・23日に和歌山大学で) »

2009.08.12

実践報告の文章に手を入れるのは難しい

 ここ数日,監修を仰せつかっている,ある小冊子の原稿に目を通している。実践報告の文章を読み,読者が分かりやすくなるように,表現を整えている。他人の原稿を直すのは難しい。当該原稿の執筆者の意図をくみ取り,その本質を保ったまま,簡潔明瞭な表現に変えていかねばならないからだ。特に実践報告の場合,実践者自身が当然視している内容・表現であっても,読者一般にはそうではない場合がけっこうある。主張点が多すぎて,実践の特徴が分からなくなる場合も少なくない。それらを解きほぐし,シンプルに,けれども読者がはっとしたり,なるほどと思ったりするように,構成や表現を整えるのは,けっこう骨が折れる。
 でもきっと,私が執筆した文章も,紙面を現れる前に,どこかで誰かが直してくれているのだろう。だから,お互い様である。

|

« 実践報告会の司会・進行をおおせつかったら | Main | 教育工学会の夏の合宿研究会にて模擬授業等のワークショップを(8月22・23日に和歌山大学で) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 実践報告会の司会・進行をおおせつかったら | Main | 教育工学会の夏の合宿研究会にて模擬授業等のワークショップを(8月22・23日に和歌山大学で) »